熱意とは、今現在と未来に対するワクワクである

意見

熱意とは、今現在のワクワクと未来に対するワクワクのかけ合わせなんじゃないかな。

ぼくは小学校4年生のときに宇宙の図鑑を買ってもらい、
そのときから宇宙がずっと好きでした。

それこそ、暇があれば買ってもらった宇宙図鑑を眺めていたし、
中学生になったら三省堂書店のような大きな本屋で、宇宙に関する本を買い集めていました。

ぼくは好きなことを極めたかったので、
高校生のときには本気で天文学者になりたいとおもい、
宇宙物理を専門にしている教員が多い旧帝大をめざしていました。

でも、センター試験で点数が足りなかったせいで、
不合格になってしまったのですね。

「このままじゃいやだ!」とおもって浪人するんですけど、
結局ダメで、地方国立大学に行くことになってしまいました。

 

さて、大学2年の冬です。

『脳の意識 機械の意識』という本に出会いました。

そこには神経細胞の動作についての簡単な説明があり、
「お~、おもしろい!」
と、脳の世界にひきこまれていきいました。

さらには、筆者は本気で自分の意識が機械につながれて、
意識を機械へと移植したい、と書いており、

「おれも意識が機械に移植された世界をつくりてえ~!」

とおもってしまいました。

なにより、世界がガラリと変わることにワクワクしたのです。

そこからです。

ぼくは研究したい対象を宇宙から脳へとうつしました。そして今現在、脳を研究できる大学院に合格し、論文を読んでどんな研究をしようかと探りをいれているところです。

 

さて、ぼくは小学生のときから好きで、高校のときには本気で研究したい対象であった宇宙と、大学2年のときに出会った脳。

どこが違うでしょうか?

上に書いた文章にもあらわれています。宇宙は、単に見てワクワクし、知ってワクワクしていただけです。そう、それは、鉄道ファンのように、電車を写真で撮ったり電車に乗ったり、さらには電車の時刻表や車種を記憶して電車をたのしむことと同じです。

しかし、ぼくにとっての脳は違う。「わ~、脳さわってブヨブヨしててきもち~」とかじゃないんです!もちろん、宇宙とおなじく、脳を(MRIという計測装置を通じて)見てワクワクしていたのもあります。宇宙とおなじように、脳神経に関することを知ってワクワクしていたのもあります。

ですが、やはり「脳の意識を機械に移植できる世界」を夢見るワクワクがあるわけです。

べつに、直接的に機械に移植するための研究はやろうとおもってません。

けれども、ぼくは正直に言って、自分が脳を研究することで、
未来の人類の進化に貢献することを望んでいます。

ぼくには宇宙を研究することでなにかワクワクするものがあるとは思えなかった。

ただ、宇宙に関する情報を知れればいいという感じです。そう、宇宙は趣味。

ただ、やっぱり宇宙っておもしろいな~、というのはありますけどね、うん。



ところで、コメントは気軽にどうぞ!
ひとつひとつに目をとおし、返信しますので!

「コメントで質問してなにも返ってこなかったらどうしよう」
「ほかの人にみられるのは恥ずかしい」

とかおもわなくて大丈夫です(笑)

「生」を活性化させて、人生を充実させるコミュニティ

・なんのために生きているのかわからない
・やりたいことがない
・なんで、生きてるんだろ
・人生の時間をムダに過ごしている気がする

そんな、無気力におちいっているあなたの人生―生―が能動的になり、「生」が活発化し、人生が充実したら。

人生に対して無気力な原因は、原理原則ベースに「生」の在り方を考えていないことなのです。

ぼくが主催するメルマガ(LINE@)コミュニティでは、原理原則ベースに「生」の在り方を考えるための情報を提供することで、あなたの人生を充実させるお手伝いをします。

ぼくたちと一緒に、無気力な受動的「生」から能動的「生」へと発展させ、より良い人生をもとめていきましょう!

今なら、「生」の在り方を考える第一歩として、「自分」を知るための教科書『「好きなこと/やりたいこと」の見つけ方』を無料でプレゼントしています。

ただし、3万字ほどありますので、気づいたら夜が明けていたなんてことにならないようにお気をつけください(笑)
友だち追加

プロフィールと活動目的

ぼくは、「あること」を始めとして、
人生がどうあろうとも事態を受け入れられる、
強固なマインドを手に入れることができました。

さらに、どうすれば人生を充実させていくことができるのかも分かるようになりました。

おかげで、能動的に人生を生きて人生を充実させていくという、確固たる自信がつきました。

今では、「生」を活発化させて人生を充実させていこうと努力しています。

でも、昔は、自分に対してなにも自信はなく、受動的な人生でした。

すべては親や周囲の言いなりで、クソつまらない人生でした。もう、過去には戻りたくないですね。

では、その「あること」とは一体何なのか。

それは、

原理原則ベースに「生」を複雑化させる

ということです。

はい?なんだそりゃ?

ちょっと説明すると、

・原理原則ベースとは、自分という人間のあり方のことです。

・「生」とは、
人生、生きることの意味、人間的生命、
といった、静的ではない、
動的な生命活動をあらわしています。

・複雑化とは、単純ではない、受動的ではない、スキルとチャレンジの発展をあらわします。

 

原理原則ベースに「生」を複雑化させるために、このブログでは

「考え方」を知る
「生き方」を知る
「自分」を知る
「本」を読む

ための情報発信をしています。

ぼく自身も、本を読みつつこれら3つの情報・知識を高める努力をしています。

「生」を複雑化させることこそが、人生を満足に生きるための最高の方法であるからです。

 

さらなるぼくのプロフィールと、「生」の複雑化についての想いなどの詳細コチラから。

理念とストーリー