意見

知識は人生最強の武器である。

知性を持ちなさい。それも、いつまでも腐らない知性を。

ヘンリー・ディヴィッド・ソロ―

より良く生きようと思えば、知識が必須になってきます。

まあ、当たり前っちゃあたりまえなんですけど。

 

たとえば、食後にねむくなるじゃないですか。
ぼくとか、あと30分でゼミがあるっていうのに飯食ってねむくなったりする。

まあ、カフェインとればスッキリするんですけど、
眠くなると頭がはたらかなくなるからイヤですね。

でも、飯をくわないと頭がはたらかない。
うーん、こまった。

あ、そういえば、朝飯抜く人いますけど、ぼくは無理ですね。
よく、朝飯抜いたほうが良いとか、一日一食のほうがいいとか言う人いますけど、
人によりますよ。

ぼくは頭が働かなくなるのがいやなので、飯をくいます、一日三食。

 

 

さてさて、眠くなるのが嫌だけど昼飯をたべないといけない、さあどうする。
そもそも、眠くなるのはなぜ?と考えるのだ。

 

Google先生によると、以下のようになるらしい。

飯を食うと血糖値が急激に上昇する。
上昇した血糖値を下げるために、インスリンというホルモンが大量に分泌される。
すると、急激に血糖値が下がる。
これが、眠気を引き起こす原因とのこと。

では、どうすればよいのか。

もともとの眠気の原因は、急激に血糖値を上昇させたことにある。
なら、急激に血糖値を上昇させないようにすればいい。

 

それでは、どんなふうにすればよいか?

1.野菜を先に食べる
2.低GI食品を食べる

ちなみに、GIとは、糖質の吸収度をあらわしている。

このうちどちらかを実行することで、
急激に血糖値の上昇をおさえることができる。

なお、低GI食品には、

そば・牛乳・春雨
などなどがあります。

詳しくは「低GI食品」などと検索すればと。

ということで、ぼくはよく、昼飯にそばを食べます。

特に、昼飯後に頭を働かせることをしないといけないとき。
やはり、白米をたべるよりも眠気はなくなりますね。
とってもいい。

ただし、満腹感はえられないですね。
なんか、ものたりない感じ。

ところでまた、血糖値を急激に上昇させないようにすると、
眠くならないだけでなく、

・太りにくくなる
・糖尿病/高血圧といった「メタボリックシンドローム」の予防

にもなります。

という感じで、知識があると、どうしたら健康でいられるかが分かります。

まあ、そう言われたらあたりまえなんですけどね。

 

でも、知識があると、健康になるだけでなく、
未来に対してどういう判断をすれば良いのかも分かります。

 

『決定力!』という本がありまして。

これはもう本当に、全人類に読んでもらいたいとおもっているくらいとってもいい本です。
どういうふうにして意思決定すると後悔がなくなるのか分かります。

決定力! 正しく選択するための4つのステップ (ハヤカワ文庫NF) [ チップ・ハース ]
created by Rinker

 

この本を読む前までは、大後悔をしたことがあります。

どういうときに後悔したかって、大学受験のときですね。
あんまり思い出したくないな。悔しいから。あまりにも。

じつは、推薦で旧帝大に入れる機会を逃しました。
ぼく、当時は本気で天文学者になりたかったので、
某旧帝大の理学部にマジで推薦で入れる気がしていたんですね。

もちろん、推薦したからといって、受かっていた保証はないです。
ないですけど、「あのときやっていたら」って、今でもおもってます。

後悔したら、もう死ぬまでずっと後悔ですからね。
時間はとりもどせないので。

そういう、死ぬときになって
「ああしておけばよかった」
なんておもうのは、ぼくはもうイヤです。

 

『決定力!』という本を読んで以来、
後悔せずに生きていると確信しています。

ぼく、アフィリエイトの教材を20万で買おうかどうか迷っていたときがあるんですね。
で、『決定力!』という本に書いてあった知識を実践しました。

 

具体的には、ハッピーエンドとバッドエンドを考えたんですね。

そして、たとえバッドエンドになったとしても
「やらなかったら後悔するな」とおもったので、
20万を出して購入しました。

結構おもいきった決断でしたね。
こわいんだよ、もう。心臓がバクバク。

ひとりの大学生がですね、
年末年始に自室にとじこもって、
スマホとにらめっこしながら「どうしよ」ってなやんでたわけです。

あんとき勇気出しといてよかったな、って今ではおもってます。

いかに自分のやりたくないことをやって稼ぐことが苦痛であるかが分かったので。

 

とにかく、『決定力!』という本を読んだことで、
どんなことがあっても、決断しきって後悔しない自信がつきました。

もちろん、100%後悔なく生きる、なんてのは無理です。
やはり、どうしても考慮できない部分はやっているうちに出てきてしまいますので。

それでもやはり、『決定力!』という本に出会ってよかったと本気でおもっています。
ということで、「おすすめ本」の記事に入れておきました。

ここに載っている本は、ぼくの人生を変えたと言ってもいいほど
大切な本やコンテンツを集めています。
全部買って「うわっ、全部ゴミ本じゃん。古本回収業者よばなきゃ」
ってことにはなりません(笑)

もちろん、人によりますけどね、いい本の定義なんて。

 

健康にしろ判断にしろ、知識があることで
より良く生きられます。より良く思考できます。

ぼくはもう、本気で人類が幸福になってくれればとおもっていますので、
いい本はどんどん紹介しますし、知識もどんどんこのブログで紹介していきます。

 

自由をもっと求めよ。本物の知識は自由になるためにある。

ヘンリー・ディヴィッド・ソロ―



無料LINE@講座、始動!!


こんなふに感じたこと、ありませんか?


「親の言うことを聞きたくない。かと言って、自分でどう動けばいいのか分からない」
「パートナーといるのがイヤ。だから、逃げたい」
「ボーッとアマゾンプライムビデオやYouTubeを見る日々だけど、これで人生いいのだろうか」


そんなあなたにピッタリの講座をはじめました!

この講座では、
・ブログでは語らない、独力で幸せになるための詳細な方法論
・超長文な特典(近日中に公開予定)

を配布します!

さらに今だけ、なんど聞いても無料の質問権もついてきます。
このブログのことでもLINE@のコンテンツでも、なんでもどうぞ!


いっしょに高めあえる仲間とまなんでいきましょー

3秒でLINEに登録ろくする

※プライバシーは安全に保たれておりますので、ご安心ください。


「ところで、アンタそもそも誰なの?」という疑問につきましては、 コチラの自己紹介記事をクリックしてよんでいただけるとうれしいです!

プロフィールを見にいく


---------------------------
【P.S.】

ところでぼくは、高校生のときまで常に自信がなく、誰かにしたがわないと生きていけませんでした。

ただ、誰かの命令に従うことは苦痛でした。 ストレスでしょっちゅう口内炎ができてた。

こんな人生やだ。
じぶんの力で生きたい。
独力で生きる自信がほしい。

大学生になって本を読みまくってマインドを育てまくった。 さらに、じっさいに行動もした。 だれかに頼らず。

その結果、「自分の力でなんとでも生きていける」という自信を持ちはじめ、

・ストレスフリー
・人生無敵

な感覚を手にすることができました。

もちろん、これからも誰にも自分の人生を邪魔させないよう、圧倒的な独立心を高めていきます。

  • どのようなマインドが人生において苦痛になるのか。
  • 逆に、どのようにして自由になることができるのか
  • どのようにすれば幸せな人生になるのか?

そんなヒントが得られるぼくのストーリーはコチラから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です