人生の決め方

「分析的な判断」と「総合的な判断」―『純粋理性批判』

今回読んだ本;純粋理性批判1(光文社古典新訳文庫)

今回読んだ箇所;p.31-37(段落;011-013), p.294-297


さっそく、本文から引用。

主語と述語の関係について語っているすべての判断において、主語と述語の関係と しては二種類の関係が可能である(中略)一つは述語Bが主語Aのうちにあり、Bという概念がこのAという概念のうちに(隠れた形で)すでに含まれて いる場合であり、もう一つはBという概念はまったくAという概念の外にあり、たんにこの概念に結びつけられているだけの場合である。最初の場合をわたしは分析的な 判断と呼び、第二の場合を総合的な判断と呼ぶ。

今回僕が読んだところの内容は、これにすべて凝縮されています。

 

といっても、これだけではあまりイメージがつかめないと思いますので、解説を読んだりして僕が考えたことを述べていきます。

 

「総合的な判断」とは?

 

これが、「総合的な判断」のイメージ図です。AとBは互いに独立しており、B(述語)はA(主語)に意味的に付け加わった感じです。

 

 

具体例として、「物体は重い」という命題を考えてみます。この「物体」という主語の性質を表す「重い」という述語は、前もって知っていたことではなく、物体を持ってたときに感じる「重いなあ」という経験からきているものです。

そしてその「重い」というものは、すべての物体によるものではなく、個々の物体によります。じっさい、ボーリングの球をもったら「おもたい!」となりますが、発泡スチロールをもったら「うわっ、かるっ!」となります。

 

つまり、「重い」という述語は、「物体」に独立して後付されたということで、「総合的な判断」と呼ぶのです。

 

「分析的な判断」とは?

これが、僕の考えた「分析的な判断」のイメージ図です。先ほどとは違い、Aという主語の概念には、もうすでにBという述語の概念が含まれているのです。

 

具体例として、「すべての物体には広がりをもつ」という命題を考えてみます。

「物体」という主語を考えれば、外からの知識(経験など)を必要とせずに、自ずと「広がりがある」ということは明らかです。

したがって、「すべての物体には広がりをもつ」という命題は、分析的な判断といえるのです。

 

なお、この具体例は、本文そのものを用いました。

そして僕は、「え、物体が広がりを持つことも、生まれてから「見る」という経験をしたからわかったんじゃないの?」という疑問をいだいてしまいました・・・。

 

このへん、どうなんでしょうか?

とりあえず、分からないので先に進めることにします。

 

 

では、また次回!

 

 

 



無料LINE講座、始動!!


「未来を感じられない。毎日たのしくない」
「なんのために生きているのか分からない」

そんなふうに思うこと、ありませんか?




どうしたら、人生を充実させて幸せに生きることができるのか。


ぼくはずっとずっと、ずっと考えてきました。


考えもしたし、行動もした。
そのために、本もたくさん読んだ。


そしたら、「いかにして生きれば人生を充実させることができるのか」が分かるようになりました。



そこで今回、
人生の充実化をテーマにした無料のLINE講座をひらくことにしました。


ブログでは語らない、独力で幸せになるための詳細な方法論満載です。


さらに、今だけなんと、
合計9万字もの超長文な無料pdf特典

を配布しています。(一部未完成)

しかも、なんどぼくに聞いても無料の質問権もついてきます。
このブログのことでもLINE講座のコンテンツでも、なんでもどうぞ!


それではさっそく、いっしょに高めあえる仲間とまなんでいきましょう!

3秒でLINE講座に登録ろくする

※プライバシーは安全に保たれております。

---------------------------
【P.S.】

ところでぼくは、高校生のときまで常に自信がなく、誰かにしたがわないと生きていけませんでした。

ただ、誰かの命令に従うことは苦痛でした。 ストレスでしょっちゅう口内炎ができてた。

こんな人生やだ。
じぶんの力で生きたい。
独力で生きる自信がほしい。

大学生になって本を読みまくってマインドを育てまくった。 さらに、じっさいに行動もした。 だれかに頼らず。

その結果、「自分の力でなんとでも生きていける」という自信を持ちはじめ、

・ストレスフリー
・人生無敵

な感覚を手にすることができました。

もちろん、これからも誰にも自分の人生を邪魔させないよう、圧倒的な独立心を高めていきます。

  • どのようなマインドが人生において苦痛になるのか。
  • 逆に、どのようにして自由になることができるのか
  • どのようにすれば幸せな人生になるのか?

そんなヒントが得られるぼくのストーリーはコチラから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です