人生の決め方

「ならば」とは、仮定をもとに導かれているということにおいて、空想である

あ~あ、宝くじが当たったならば、旅行しまくれるのになあ~!

「ならば」とは、仮定であって、断定することはできない

 

 

「AならばB」の「A」とは、あくまでも仮定です。

 

ということで、

「あなたが鳥ならば、あなたはそらを飛べる」

なーんて文もつくれてしまうのです。

 

で、問題はここからです。

あなたは実際に、鳥ですか?ということです。

 

そんなわけないです!(よね?)

だっていま、「ならば」という条件のもとで、あなたは鳥なのですから。

 

この、条件という事実を忘れてしまってはいけません。

というのも、この事実を忘れてしまったら、あなたはそらを自由に飛べることになってしまうからです。

 

もっと抽象的にいうと、「AならばB」というとき、「B」は結論ではなく、たんに「A」という仮定ををもとになりたっているだけなのです。

 

以下、『入門!論理学』(中公新書)から抜き出してみます。

「AならばB」だけからは、「A」と断定することも「B」と断定することもできません。

 

空想は、断定できてこそ、現実となる

そもそも、「ならば」とは、いったいどういうときに言えるのでしょうか?

 

それは、「A」を仮定して「B」が導かれるときです。

このとき、「AならばB」と結論づけていいことになります。

 

ただし、これだけだとやはり「空想」のお話になってしまいます。

 

では、どうしたら「ならば」を言わずに「Bだ!」と主張できるのでしょうか?

それは、「Aだ!」と断定できるときです。

 

例をだします。

 

宝くじがあたったならば旅行しまくれる。

これだけだと、「おれは旅行しまくれる人なのだ!」と断言できません。だって、お金、ないですもの。

だが、「宝くじがあたった!」と断言できるのであれば、「旅行しまくれる!」と堂々と言い張ることができます。

 

一般化します。

A、AならばB→B

こういう図式がいえます。

なお、この図式のことを肯定式といいます。また、Aのことを前件、Bのことを後件、といいます。

 

まとめ

「ならば」はあくまでも空想です。これを忘れてしまって結論だけ見ると、お金がないのに旅行しまくってしまって借金まみれになってしまいます!

どうか、旅行しまくるのは「宝くじがあたった!」と断定できるときだけにしてくださいね!



無料LINE@講座、始動!!


こんなふに感じたこと、ありませんか?


「親の言うことを聞きたくない。かと言って、自分でどう動けばいいのか分からない」
「パートナーといるのがイヤ。だから、逃げたい」
「ボーッとアマゾンプライムビデオやYouTubeを見る日々だけど、これで人生いいのだろうか」


そんなあなたにピッタリの講座をはじめました!

この講座では、
・ブログでは語らない、独力で幸せになるための詳細な方法論
・超長文な特典(近日中に公開予定)

を配布します!

さらに今だけ、なんど聞いても無料の質問権もついてきます。
このブログのことでもLINE@のコンテンツでも、なんでもどうぞ!


いっしょに高めあえる仲間とまなんでいきましょー

3秒でLINEに登録ろくする

※プライバシーは安全に保たれておりますので、ご安心ください。


「ところで、アンタそもそも誰なの?」という疑問につきましては、 コチラの自己紹介記事をクリックしてよんでいただけるとうれしいです!

プロフィールを見にいく


---------------------------
【P.S.】

ところでぼくは、高校生のときまで常に自信がなく、誰かにしたがわないと生きていけませんでした。

ただ、誰かの命令に従うことは苦痛でした。 ストレスでしょっちゅう口内炎ができてた。

こんな人生やだ。
じぶんの力で生きたい。
独力で生きる自信がほしい。

大学生になって本を読みまくってマインドを育てまくった。 さらに、じっさいに行動もした。 だれかに頼らず。

その結果、「自分の力でなんとでも生きていける」という自信を持ちはじめ、

・ストレスフリー
・人生無敵

な感覚を手にすることができました。

もちろん、これからも誰にも自分の人生を邪魔させないよう、圧倒的な独立心を高めていきます。

  • どのようなマインドが人生において苦痛になるのか。
  • 逆に、どのようにして自由になることができるのか
  • どのようにすれば幸せな人生になるのか?

そんなヒントが得られるぼくのストーリーはコチラから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です