意見

自己分析して圧倒的に生きやすくなった話

人生退屈。家でアマゾンプライムビデオぼーっと見てるしかしてないや

なんかやりたいことない。
まあ、人とちゃんとしゃべれてるから、
なんとか生きていけるっしょ

 

まあ、それでもいいんですけど、もっと人生充実させませんか?

せっかく生きてるんだし。どうせ死ぬんだし。

なら、人生充実させたもん勝ちです。

 

じゃあ、どうやって人生充実させるんだよってことですけど、

自己分析して解決です。

ぼくは、自己分析して圧倒的に生きやすくなりました。
なにをすると人生が充実するのかも分かりました。
人生をかけてなにをしたいのかも。

 

ムダに「なにがしたいんだろ」という悩みはなくなりました。
なによりも、自らの意志で人生を切り開いている感覚を手にすることができました。

と言いつつ、ぼくだって、やりたいことが明確になっていないせいで
アホみたいにふりまわされて、
人生どうしたいんだかわからない時期はありました。

というか、そういう時期のほうが多いですね。

 

まず、大学まで、親にしがみつきっぱなしな人生です。

「あんたは公務員が向いている」と言われたから
「ああ、じゃあ公務員になろうかな」みたいな。

 

どんだけ自分のやりたいことないんだよって感じです。
性格がマジメだったので、公務員に向いてるかな、
っていう感じでおもってました。

習い事も拒否せず、イヤイヤしたがっていました。
つらかったのに。

自分のやりたいことはもちろん、
やりたくないことすら明確に分かっておらず、
ただただ親にしたがっていました。

せめて、イヤなことをもっと自覚しておけば、
人生むだに苦しいおもいをせずにすんだのに。

 

大学に入り、お金がほしくなりました。
本が大好きで、本を買うのにお金が必要だからです。

ということで、たまたまTwitterで見かけたもうけてる人のメルマガを登録し、
情報商材を10万で購入。

結果、続かず。。。

その1年後に、やはりお金ほしさに20万で情報商材を購入するも、挫折。

 

まー、いくら金がほしくても、やりたいことじゃないから続かない。

もう、それなら、稼げなくてもいいから、せめて、せめてやりたいことをやりたい!

 

じつは、それまでに得意なことはぼんやりと分かっていました。
「ストレングス・ファインダー」というツールを使うことで、
自分の強みを発見できていたのです。

これですね。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 〈ストレングス・ファインダー2.0〉 ストレングス・ファインダー2.0 [ トム・ラス ]
created by Rinker

ぼくは、【内省】が一番強く出ていて、
これは「考えることが好き」という強みをもつ資質です。

ということで、プログラミングをはじめました。
プログラミングなら考えることが好きという強みでやりたいことになるだろうし。
あと、プログラミングで稼いでやろうとおもったんです。

 

でも、やはり続かず・・・。

いくら得意であっても、やりたいことじゃなかったからです。

もう、金はいいから、やりたいことをやりたい

そうおもって、出会った本が『脳の意識 機械の意識』。

脳の意識 機械の意識 脳神経科学の挑戦 (中公新書) [ 渡辺 正峰 ]
created by Rinker

これを読んで、
本気で人間の意識を機械に移植してやりたい!
という想いが生じました。

だって、筆者は本気で「意識を機械に移植したい」て言ってるんですよ?

 

よし、脳を研究してやる!
ということで、いろんな研究室を探すたびにでかけました。

8個ほどの研究室を見て回りました。

東大や京大・理化学研究所・東工大などなど

で、「この研究室、いい!」とおもえた研究室を発見。
でも、「本当にこの研究室でいいのか?」と自信がありませんでした。

また、金を稼ごうとして失敗したように、
やりたいことじゃなかったらどうしよ・・・。

 

本当にやりたいことって、どうやって見つけるんだ?

 

そんなとき、一冊の本に出会いました。
『メモの魔力』という本です。

メモの魔力 The Magic of Memo (NewsPicks Book) [ 前田裕二 ]
created by Rinker

 

で、大学3年の春休みに、一日2~3時間図書館にこもって毎日自己分析していました。
自己分析につかったノートは13冊以上になります。
また、いろんな性格診断テストをつかい、価値観や強みを明確にしていきました。

 

よし、おれは「独立」という価値観を大切にしていたんだ
なるほど、やはりおれが「いい」とおもっていた研究室はまちがってなかったんだろうな
おれは、人生をかけて人間の原理を追求し、みんなを元気づけたい。

 

いろんなことが、自己分析でわかってきました。
ムダに「なにがしたいんだろ」という悩みがなくなりました。

とっても、生きやすいです。
人生の指針がわかったからです。

 

では、どうやって自己分析をしていけばよいのか。
それについては、こちらの記事に書いています。

(ただいま、執筆中です(汗))



無料LINE@講座、始動!!


こんなふに感じたこと、ありませんか?


「親の言うことを聞きたくない。かと言って、自分でどう動けばいいのか分からない」
「パートナーといるのがイヤ。だから、逃げたい」
「ボーッとアマゾンプライムビデオやYouTubeを見る日々だけど、これで人生いいのだろうか」


そんなあなたにピッタリの講座をはじめました!

この講座では、
・ブログでは語らない、独力で幸せになるための詳細な方法論
・超長文な特典(近日中に公開予定)

を配布します!

さらに今だけ、なんど聞いても無料の質問権もついてきます。
このブログのことでもLINE@のコンテンツでも、なんでもどうぞ!


いっしょに高めあえる仲間とまなんでいきましょー

3秒でLINEに登録ろくする

※プライバシーは安全に保たれておりますので、ご安心ください。


「ところで、アンタそもそも誰なの?」という疑問につきましては、 コチラの自己紹介記事をクリックしてよんでいただけるとうれしいです!

プロフィールを見にいく


---------------------------
【P.S.】

ところでぼくは、高校生のときまで常に自信がなく、誰かにしたがわないと生きていけませんでした。

ただ、誰かの命令に従うことは苦痛でした。 ストレスでしょっちゅう口内炎ができてた。

こんな人生やだ。
じぶんの力で生きたい。
独力で生きる自信がほしい。

大学生になって本を読みまくってマインドを育てまくった。 さらに、じっさいに行動もした。 だれかに頼らず。

その結果、「自分の力でなんとでも生きていける」という自信を持ちはじめ、

・ストレスフリー
・人生無敵

な感覚を手にすることができました。

もちろん、これからも誰にも自分の人生を邪魔させないよう、圧倒的な独立心を高めていきます。

  • どのようなマインドが人生において苦痛になるのか。
  • 逆に、どのようにして自由になることができるのか
  • どのようにすれば幸せな人生になるのか?

そんなヒントが得られるぼくのストーリーはコチラから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です