意見

自己啓発の危険性について【ハマりかけた僕からのメッセージ】

自己啓発って、一過性にすぎないんですよね。

エナジードリンクみたいなものです。

よんだら「おっし、なんかもえてきた!」ってなるんですけど、
まーそれっきりになることが多かったですね。

それゆえ、自己啓発本には中毒性があります。

危険です。

 

きりないんですよ、自己啓発。

本屋、行きますよね?

あ、行きませんかね?

あんま行かないなら、ほんとちょっとだけでいいので、
ジュンク堂書店とか、おおきな本屋に行ってみてくださいな。

ズラーーーっとならんでますよ、自己啓発本。

なんか、同じ著者が30冊くらい自己啓発本出してて、

その光景がまた圧倒的だったりするんですけど。

もうね、これぜんぶ読んでたら金がとびまくりですよ(笑)

やってられません。

 

ぼくは一時期、自己啓発本にハマりかけました。

ジュンク堂書店やTSUTAYAであさりまくりです。

「買って読んでも自分なにも変わらないじゃないか」とうすうす気づいてはいたのですが。

やめられないとまらないかっぱえびせん

みたいなことになってました(笑)

これはいかん!!

ぼくは本好きでけっこう本屋に行くんですけど、もう自己啓発の棚にはいっさい足をむけないようにしました。

よみあさって気づけば1時間たってましたなんてザラにあったりしてましたし。。。

 

自己啓発本なんて自分のおきにいりの2,3冊あれば十分で、
あとはそれをくりかえしよめばオッケーって感じです。

それ以上よんでもあんまり心にひびかないし。

ぼくのオススメ自己啓発本はまた記事書いたら紹介しますね。

 

というか、はなしもどしますけど、

そもそもなぜ自己啓発中毒になってしまうか、わかりますか?

 

根本的な解決になってないのですよね、自己啓発って。

 

ちゃんと寝ないと根本的に疲労回復にならないけど、
エナジードリンクで疲労をまぎらわしてる感じですね、イメージとしては。

 

じゃあどうしたら根本的な解決になるのかというと、

自己分析

これです、これですよ。

もっと具体的に言えば

「自分はどの方向にむかって人生の道をつくりたいんだ」

という問いにこたえるということです。

あ、いや、そんなむずかしいものじゃないですよ。

自分の進路をある程度明確にしておくことで、

生きることに対するモチベーションがわきます。

そうなってしまえば、自己啓発とはさよならできます。

 

なぜそう言えるかというと、ぼく自身、自己分析することで自己啓発からぬけだせたからです。

大学2年生くらいまで、自己啓発にハマりかけていました。

自己啓発本、良いこと書いてるじゃないですか?

でも、「よし、人生もえてきたぞ!なんかよくなりそうだ!」って心が元気になるのはいいのですが、

身になっていませんでした。

ただ、きもちよくなっただけという。

 

大学3年生以降は自分の強みとか価値観とか、なにが好きなのかとかを自己分析しました。

あまりにも自分は人生どうしたいのかよくわからなすぎて。

自己分析して自分がどう生きたいのか分かった結果、自己啓発本にたよらずとも心がいきいきとした状態になりました。

ぼくが実践した「進路の決め方」に関する記事はコチラから。

進路の決め方【指針をもとめればOK】あなたがなぜ、進路に迷っているのか、分かりますか? 自分が何を欲しているのか、分かってないからです。 もちろん、「これが正解...

 



無料LINE@講座、始動!!


こんなふに感じたこと、ありませんか?


「親の言うことを聞きたくない。かと言って、自分でどう動けばいいのか分からない」
「パートナーといるのがイヤ。だから、逃げたい」
「ボーッとアマゾンプライムビデオやYouTubeを見る日々だけど、これで人生いいのだろうか」


そんなあなたにピッタリの講座をはじめました!

この講座では、
・ブログでは語らない、独力で幸せになるための詳細な方法論
・超長文な特典(近日中に公開予定)

を配布します!

さらに今だけ、なんど聞いても無料の質問権もついてきます。
このブログのことでもLINE@のコンテンツでも、なんでもどうぞ!


いっしょに高めあえる仲間とまなんでいきましょー

3秒でLINEに登録ろくする

※プライバシーは安全に保たれておりますので、ご安心ください。


「ところで、アンタそもそも誰なの?」という疑問につきましては、 コチラの自己紹介記事をクリックしてよんでいただけるとうれしいです!

プロフィールを見にいく


---------------------------
【P.S.】

ところでぼくは、高校生のときまで常に自信がなく、誰かにしたがわないと生きていけませんでした。

ただ、誰かの命令に従うことは苦痛でした。 ストレスでしょっちゅう口内炎ができてた。

こんな人生やだ。
じぶんの力で生きたい。
独力で生きる自信がほしい。

大学生になって本を読みまくってマインドを育てまくった。 さらに、じっさいに行動もした。 だれかに頼らず。

その結果、「自分の力でなんとでも生きていける」という自信を持ちはじめ、

・ストレスフリー
・人生無敵

な感覚を手にすることができました。

もちろん、これからも誰にも自分の人生を邪魔させないよう、圧倒的な独立心を高めていきます。

  • どのようなマインドが人生において苦痛になるのか。
  • 逆に、どのようにして自由になることができるのか
  • どのようにすれば幸せな人生になるのか?

そんなヒントが得られるぼくのストーリーはコチラから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です