意見

「みんな」という言葉にまどわされてはならない

「みんな」という言葉にまどわされてはならない。
「みんな」はどこにも存在しないし、「みんな」は決して何もしてくれない。

ヘンリー・ディヴィッド・ソロ―

 

よく聞く「みんなそうしてるよ」みたいなの。

だから、あんたもそうしてよ、という説得することばとしてよく使われる。

うーん、みんながやってることと自分のやりたいこと、ちがうんだよなー。

 

でも、「みんなやってるよ」と聞くと、「え、じゃあ自分も」となりがちである。
それは、ぼくも。

よくわからなければ、とりあえずみんなとおなじことしてたら安心、みたいなやつ。

思考停止へまっしぐらだ。

これじゃあ、群れをなす羊とかわらない。

みんなといっしょなことやってたら、たべられちゃう。
ジンギスカンになってしまう。

 

ぼくたち、人間でしょ?

自分のあたまで考えた上でこたえを出せるようにしたい。

そうしたうえで「周りの人とおなじことをしても正解である」と納得できればよい。

 

自分のあたまでより良く考えるには、知識です。
知識こそが、質のいい思考をうみだします。

ということを書いた記事があるので、よかったらぜひどうぞ。

[kanren postid=”1465″]



ところで、コメントは気軽にどうぞ!
ひとつひとつに目をとおし、返信しますので!

「コメントで質問してなにも返ってこなかったらどうしよう」
「ほかの人にみられるのは恥ずかしい」

とかおもわなくて大丈夫です(笑)