「発達障害かも?」とおもったあなたへ【特徴的な性格が欲しいだけかも】

「自分」を知る
こんな「あなた」に読んでほしい
  • 「自分は発達障害かも?」とおもって「発達障害 特徴」「発達障害 診断」などとネットでググっているあなた
  • 「発達障害」と世間に少しでも認めてもらいたいとおもっているあなた

発達障害の特徴をさがし出して発達障害であることを確認したいあなたへ。ひょっとすると、自分の特徴がほしいだけかも。ならば、性格診断テストをすると良いです。

前回の記事で、「自分は発達障害かも?」とおもってたくさん本を読んだことを話しました。

ただ、途中で、なぜたくさんの発達障害の本を読んでいるのか気がついたのです。

そう、自分は発達障害と思いたいだけだったのです。

よく、「偉人には発達障害が多い」と言われているじゃないですか。事実、千円札で有名な野口英世とか、発明家で有名なエジソンは、発達障害と言われています。

よって、自分を発達障害だと思いこむことで、自分もなにかすごい人だと思いたかったのです。

香山リカさんのこの本にもあるように、自分に特徴的な性格がほしいだけと気づいたわけです。

発達障害に関する本を読み、自分に当てはまる項目に線を引いたりページの端を折ったりして「やはり、自分は発達障害なのかもしれない」と内心うれしく思っていました。

なんといっても、歴史に名前を残すような大多数の偉人と同じ特性があるってことですからね、発達障害。うれしいに決まってます。

すると、もっともっと発達障害に関する本を読みたくなり、自分が発達障害だと確認したくなるのです。

さらに自分が発達障害に当てはまる項目を見つけ出すことで、とってもうれしくなるのです。

で、これの繰り返しです。つまり、

発達障害の本読む→自分に当てはまる特徴を見つけ出す→うれしくなる→さらなる「うれしい」の感情を求めて発達障害の本を買う

ということです。

負の連鎖ですよね、これ。単に「うれしい」という感情を味わいたいがために発達障害に関する本を買う。ただただ、お金が飛んでいく。

気づけば、8000円が飛んでいきました。

 

このままではヤバい!!なんとかせねば!

 

そんな想いでいたせいなのか、なんと、「発達障害系の本を買ってうれしい感情を味わいたい」という負の連鎖から抜け出すことに成功しました。

どうやったかと言うと、自分の特徴的な性格を知っただけです。

発達障害系の本をたくさんよんでいたのは、自分に特徴的な性格がほしかったからです。

ということで、自分に特徴的な性格がわかれば、もう発達障害に関する本を読む必要はなくなる。

そういう理屈です。

 

じゃあ、どうやって自分にとっての特徴的な性格を知ったのか。

  • ストレングスファインダー
  • MBTI

これらをつかって、自分にとっての特徴的な性格を見出しました。

 

簡単に説明します。

まず、ストレングスファインダーは、34の資質(才能)から5つの資質の並び順によって性格を決める、というものです。

これは、本を買ったときについてくるアクセスコードを使うので、本代として2000円かかります。

こちらの本です。

 

ですが、ぼくとしては、間違いなく2000円を上回る価値があると考えています。

なぜか。

それは、ストレングスファインダーをやることで自分オリジナルな性格が分かり、さらにその性格を意識することでとても人生が充実したものに感じられているからです。

ということで、ぼくはさらなる自分の性格が知りたくなり、上から5つの資質の並びのみならず、34資質すべての並び順を課金して知りました。

いやー、「これがオレだけのオリジナルな性格を形成しているのか」と思うと、自分が特徴的な性格に感じられます。

だれにも替えがきかない、唯一無二の自分です。

とっても自分の存在が生き生きとしたものに感じられます。

 

さて、ストレングスファインダーだけでも十分ですが、やはり、「お金をかけたくない」と思うかもしれません。

そうですよね、それは。だって、ワケのわからないものに2000円もするんですもの。

もちろん、ぼくとしては2000円以上の価値があるとは強くおもっています。

ですが、「自分だけの特徴を知るだけに金なんて払いたくない」と思う気持ちもあるでしょう。

 

と、いうことで、ストレングスファインダーに代わる性格診断テストを。

それは、「MBTI」というものです。

これは、16個の性格の中から1つのタイプを自分の性格とする、というものです。

16個という制限がありますので、他人とかぶります。

ですが、自分の性格を知ることで自分の特徴が分かりますので、自分の特徴的な性格をざっくりと見出したいのであれば、オススメです。

なにより、無料ですので、やって後悔することはないです。

コチラから診断することができます。

http://16test.uranaino.net

あ、そうそう。980円を課金すると、より詳細に性格診断ができます。

 

まとめ

最後に思うんですけど、発達障害って、広い意味で「個性」なんじゃないかな、と。

個性がほしい。自分が他人と違うことを示すための特徴がほしい。そういう想いで発達障害になりたい人はいるはずです。すくなくとも、ぼくがそうでした。

でも、もう大丈夫。無理に発達障害だなんて思わなくても、性格診断テストで自分の性格が分かれば、変に悩まずに済みますから。



ところで、コメントは気軽にどうぞ!
ひとつひとつに目をとおし、返信しますので!

「コメントで質問してなにも返ってこなかったらどうしよう」
「ほかの人にみられるのは恥ずかしい」

とかおもわなくて大丈夫です(笑)

「生」を活性化させて、人生を充実させるコミュニティ

・なんのために生きているのかわからない
・やりたいことがない
・なんで、生きてるんだろ
・人生の時間をムダに過ごしている気がする

そんな、無気力におちいっているあなたの人生―生―が能動的になり、「生」が活発化し、人生が充実したら。

人生に対して無気力な原因は、原理原則ベースに「生」の在り方を考えていないことなのです。

ぼくが主催するメルマガ(LINE@)コミュニティでは、原理原則ベースに「生」の在り方を考えるための情報を提供することで、あなたの人生を充実させるお手伝いをします。

ぼくたちと一緒に、無気力な受動的「生」から能動的「生」へと発展させ、より良い人生をもとめていきましょう!

今なら、「生」の在り方を考える第一歩として、「自分」を知るための教科書『「好きなこと/やりたいこと」の見つけ方』を無料でプレゼントしています。

ただし、3万字ほどありますので、気づいたら夜が明けていたなんてことにならないようにお気をつけください(笑)
友だち追加

プロフィールと活動目的

ぼくは、「あること」を始めとして、
人生がどうあろうとも事態を受け入れられる、
強固なマインドを手に入れることができました。

さらに、どうすれば人生を充実させていくことができるのかも分かるようになりました。

おかげで、人生を充実させていくという、確固たる自信がつきました。

今では、「生」を活発化させて人生を充実させていこうと努力しています。

でも、昔は、自分に対してなにも自信はなく、受動的な人生でした。

すべては親や周囲の言いなりで、クソつまらない人生でした。もう、過去には戻りたくないですね。

では、その「あること」とは一体何なのか。

それは、

原理原則ベースに「生」を能動化させる

ということです。

はい?なんだそりゃ?

ちょっと説明すると、

・原理原則ベースとは、自分という人間のあり方のことです。

・「生」とは、
人生、生きることの意味、人間的生命、
といった、静的ではない、
動的な生命活動をあらわしています。

・能動化とは、単純ではない、受動的ではない、スキルとチャレンジの発展をあらわします。

 

原理原則ベースに「生」を能動化させるために、このブログでは

「考え方」を知る
「生き方」を知る
「自分」を知る
「本」を読む

ための情報発信をしています。

ぼく自身も、本を読みつつこれら3つの情報・知識を高める努力をしています。

「生」を能動化させることこそが、人生を満足に生きるための最高の方法であるからです。

 

さらなるぼくのプロフィールと、「生」の複雑化についての想いなどの詳細コチラから。

理念とストーリー