意見

感情的にならず、意味の吟味をする

書いてあることや述べていることを分析しよう。そして自分は、相手のことを傷つけないように。

 

ある時、LINEでこのようなことを運営に問い合わせてみた。

「どこでこのようなモニターを集めていたのでしょうか?」

ぼくも運営が集めていたモニターに参加したかったなあ、とおもって、聞いてみたのだった。

 

そうしたら、こんなふうに返ってきた。

「それは公開する義務がありますか?」

 

おいおい、義務って…。

 

運営の「義務ですか?」という返しはおかしいと感じる。
というのも、「義務」というと、かなり強制的・強引的な意味であり、私はとくに強引に聞きだそうとしていなかったからだ。

 

私は単に「〜ですか?」という質問をした。これには「絶対に答えろ」という暗黙の前提はなく、「可能であれば答えてほしい」が前提であるように文章的には思うのだ。

たとえば、「あなたは晩ごはんを今日たべますか?」であれば、たべるかどうか分からなければ「うーん、分かりません」や、答えたくなければ「答えたくないです」(いずれも、答えることが可能ではない)となるでしょう。

また、決まっていれば「今日はハンバーグをたべます!」(答えることが可能である)となる。

義務の例としては、「今日の晩ごはんはなんだ?答えなさい」と、当為(〜べし)で聞く質問だ。これなら「それを答えることは義務か?」と返しても違和感はない。

 

ただし、質問にたいして「チッ、答えなきゃいけないのかよ!?」と気分を害するのであれば、この限りではない。「それは義務か?」と返してもおかしくはない。

いや、おかしくないというよりかは、怒りな感情がわき起これば相手に反発するのは当然であるはずなので、気分を害したなら意味を深く考えずに相手に歯向かうような言葉(この場合は「義務か?」という返し)はしょうがないのかもしれない。

 

ただ、私はグサッと心にきた。傷ついた。

私は他者を傷つけたくない。だから、私は相手にかける言葉には気をつかう。

たとえ、気分が害されても、仕返しにストレートに言わずに冷静さを保ち、言葉をえらんでその場を回避する。

 

じつは今回も「義務なんて言ってねえわ!」と言い返そうとしたが、ひと呼吸おき、「あ、質問の仕方がまずかったです」と言い、回避した。

 

ということで、教訓。

①言っていることを相対化し、分析しよう。

相手のことをなんでもうのみにしていると”ヤケド”する。一度発言を受けとめつつも、「その言っていることはこの場において正しいのか?」を考えよう。

 

②冷静さを保とう

感情的になって発言すると相手が傷つく。自分が傷つけられたくなければ、まずは自分が傷つけないようにしよう。発言するときは、できるかぎり「発言は適切か」を判断できるように心がけよう。



無料LINE@講座、始動!!


こんなふに感じたこと、ありませんか?


「親の言うことを聞きたくない。かと言って、自分でどう動けばいいのか分からない」
「パートナーといるのがイヤ。だから、逃げたい」
「ボーッとアマゾンプライムビデオやYouTubeを見る日々だけど、これで人生いいのだろうか」


そんなあなたにピッタリの講座をはじめました!

この講座では、
・ブログでは語らない、独力で幸せになるための詳細な方法論
・超長文な特典(近日中に公開予定)

を配布します!

さらに今だけ、なんど聞いても無料の質問権もついてきます。
このブログのことでもLINE@のコンテンツでも、なんでもどうぞ!


いっしょに高めあえる仲間とまなんでいきましょー

3秒でLINEに登録ろくする

※プライバシーは安全に保たれておりますので、ご安心ください。


「ところで、アンタそもそも誰なの?」という疑問につきましては、 コチラの自己紹介記事をクリックしてよんでいただけるとうれしいです!

プロフィールを見にいく


---------------------------
【P.S.】

ところでぼくは、高校生のときまで常に自信がなく、誰かにしたがわないと生きていけませんでした。

ただ、誰かの命令に従うことは苦痛でした。 ストレスでしょっちゅう口内炎ができてた。

こんな人生やだ。
じぶんの力で生きたい。
独力で生きる自信がほしい。

大学生になって本を読みまくってマインドを育てまくった。 さらに、じっさいに行動もした。 だれかに頼らず。

その結果、「自分の力でなんとでも生きていける」という自信を持ちはじめ、

・ストレスフリー
・人生無敵

な感覚を手にすることができました。

もちろん、これからも誰にも自分の人生を邪魔させないよう、圧倒的な独立心を高めていきます。

  • どのようなマインドが人生において苦痛になるのか。
  • 逆に、どのようにして自由になることができるのか
  • どのようにすれば幸せな人生になるのか?

そんなヒントが得られるぼくのストーリーはコチラから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です