人生の決め方

空間・時間がないと、物事を知覚することができない

 

今回読んだ本:純粋理性批判1(光文社古典新訳文庫)

今回読んだ箇所:段落040-042・054-055、p.344-p.356


 

「解明」とは、雲のような、つかみどころのない概念を明らかにする営みである。

40段落で、カントは、これから空間と時間という概念を”解明”していこう、と言っている。

 

ここで、解明と証明の違いを説明しておく。

 

解明とは、あやふやで、つかみどころのない概念をいろんな言い方や面から考察し、人に分かりやすく説明する、といったところだ。(解説p.344-345)

 

これに対し、証明とは、以下のようなことを言う。解説から抜き出してみる。

証明(デモンストラティオ)という方法は、(中略)語の定義と、前提となって証明することのできない定理だけに基づいて、論理的にその正しさを示すものである。

たとえば、ピタゴラスの定理(三平方の定理)は、〈解明〉するものではなく、きちんと別の定理に基づいて導けるものであるため、〈証明〉するものである。

 

なお、今回読んだ解説には「解明」、「論証」と並んで「根拠付け」についても書かれていたが、記述がすくなくてよくわからなかったのでパス。

 

事物・経験を知覚するには、空間という観念が先になければいけない

何かあることを経験したとき、空間という観念をなくして、あなたは説明できるであろうか?

 

たとえば、浜辺でぼんやりと海を眺めてみたとしよう。

 

その海の遠くのほうでは、船がゆっくりと動いて見える。それにしても、広大な海だ、どこまでも、どこまでも広がっている・・・。

 

ね、もう「遠くのほう」や「広がっている」といった「空間」の概念が入っている。

つまり、「空間」という観念があってこそ、ぼくたちは世界を知覚できるのだ。

 

以下、段落041からの抜粋。

 

外部の[現象についての]経験そのものを可能にしているのが、空間という像なのである。

 

 

出来事を知覚するには、時間という概念が必要

 

以下、段落054からの抜粋。

時間という像を前提としなければ、いくつかの事物が同じ時点において(同時に)存在することも、異なる時点において(継起して)存在することも、心に思い描くことはできないのである。

ぼくが入っている桃が、山から町へむかう。桃はいま、東京にいる。

 

この現象を説明するには、〈時間〉がたった、というしかない。

桃は山の奥から流れ、どんぶらこどんぶらこと東京にむかって流れたのだ。

〈時間〉という概念があってこそ、変化(今回の場合、桃が流れた)が知覚できるのだ。

 

 

まとめ

空間も時間も、ある出来事・現象を知覚するうえでの”土台”である。そしてそれは、経験によって引き出されるものではない。

 

 


☆「一人読書会」について

哲学書を中心に、ぼくが読んで考えたことを書いています。

なにか「それ、違うんじゃないの?」ということがあれば、遠慮なく「お問い合わせ」からお知らせください!!

 

 



無料LINE@講座、始動!!


こんなふに感じたこと、ありませんか?


「親の言うことを聞きたくない。かと言って、自分でどう動けばいいのか分からない」
「パートナーといるのがイヤ。だから、逃げたい」
「ボーッとアマゾンプライムビデオやYouTubeを見る日々だけど、これで人生いいのだろうか」


そんなあなたにピッタリの講座をはじめました!

この講座では、
・ブログでは語らない、独力で幸せになるための詳細な方法論
・超長文な特典(近日中に公開予定)

を配布します!

さらに今だけ、なんど聞いても無料の質問権もついてきます。
このブログのことでもLINE@のコンテンツでも、なんでもどうぞ!


いっしょに高めあえる仲間とまなんでいきましょー

3秒でLINEに登録ろくする

※プライバシーは安全に保たれておりますので、ご安心ください。


「ところで、アンタそもそも誰なの?」という疑問につきましては、 コチラの自己紹介記事をクリックしてよんでいただけるとうれしいです!

プロフィールを見にいく


---------------------------
【P.S.】

ところでぼくは、高校生のときまで常に自信がなく、誰かにしたがわないと生きていけませんでした。

ただ、誰かの命令に従うことは苦痛でした。 ストレスでしょっちゅう口内炎ができてた。

こんな人生やだ。
じぶんの力で生きたい。
独力で生きる自信がほしい。

大学生になって本を読みまくってマインドを育てまくった。 さらに、じっさいに行動もした。 だれかに頼らず。

その結果、「自分の力でなんとでも生きていける」という自信を持ちはじめ、

・ストレスフリー
・人生無敵

な感覚を手にすることができました。

もちろん、これからも誰にも自分の人生を邪魔させないよう、圧倒的な独立心を高めていきます。

  • どのようなマインドが人生において苦痛になるのか。
  • 逆に、どのようにして自由になることができるのか
  • どのようにすれば幸せな人生になるのか?

そんなヒントが得られるぼくのストーリーはコチラから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です