あなたの人生が充実する魔法のアイテム【ヒント : 哲学書】

「本」を読む

哲学書を読むと、人生が充実します。

 

ぼくは大学2年生のとき、朝おきてから3時間、ずっと本を読んでいました。

カントの『道徳形而上学の基礎づけ』ってやつです。


哲学書は概念が難しいので、とても集中しなければ理解できません。

グワッと頭をフル回転させて、「何いってんだ?」と理解をしようとする。

それはもう、運動場を全力で走る感じでしょうか。

とにかく、スーッとよめるようなものではない。

山道を一歩一歩、力強くふみだしていかなければ、前にすすめない。

哲学書もそんな感じで、力強く頭をつかって読まなければ、
なにを言っているのかわからない。

ですが、そうして力強く歩んでいるときの時間の充実さや達成感は、
ハンパなく心地いいものです。

そりゃあ、太陽の下、一面ひろがる草原でねころんで日向ぼっこする心地よさとは
程度が違いますが。

精神エネルギーを多大につかうことによる、自分の能力の複雑化、
といったところに、とてもおもしろさを感じます。

あとからふりかえって、とても充実した時間をすごしたな、
とおもえることができます。

これが、人生充実の秘訣です。

ラクな道を行こうとすると、人生はむなしいものになり、
「なんのために生きているのかわからない」とおもうことになってしまいます。

ですが、自分の能力よりもレベルが高いことに挑戦しようと
グワッと頭や身体といった自分の人生―生―をつかうとき、
時間は充実したものになり、あとから達成感となって幸福感を得ることができます。

挑戦といっても、なにもロッククライミングのように生きるか死ぬかでなくても。
ぼくのように、哲学書といった難解な書物をよむのでもいいのです。

なお、チクセントミハイは、集中することによる人生の充実感を「フロー」と言っています。
この「フロー」については別記事に書いています。

日常をたのしくする方法とは?【『フロー体験入門』レビュー】

2019年12月14日

「フロー」という概念を知っておけば、死ぬまで人生が充実します。

 

ちなみに、哲学書をよむなら光文社古典新訳文庫がおすすめです。

これ、はじめて哲学書を読む人にとって、本文がとってもやさしく翻訳されており、
さらに解説が充実していますので、大学などで哲学を本格的に学んでいなくても
とっつきやすくできています。

主婦でも、学生でも、サラリーマンでも。
どなたにでも読めるやさしさになっています。

もちろん、ぼくにでも!

ぼくは、哲学科は出ていません。
ですが、光文社古典新訳文庫はとても読みやすいし解説が充実しているので、
「まったくわけがわからない」という迷子にならずに読むことができます。

 

哲学書初心者には、光文社古典新訳文庫をダントツでおすすめします。

特に、中山元さんが訳したやつは、本文よりも解説が多いような気がします。
もはや、メインの哲学書を買うよりかは、中山元さんの解説を買っている感じです(笑)。

とっても解説がわかりやすいです。

ぼくが大学2年の夏に読んでいたカントの『道徳形而上学の基礎づけ』は、
中山元さんが訳していました。

「とりあえず哲学書が読みたい」のであれば、
中山元さんが訳したカントの『道徳形而上学の基礎づけ』を読めば間違いないかと。


これを読んで「哲学書と格闘するっておもしろい!」とおもえれば、
最高の人生になります。

この世の中にはいろんな哲学の解説書や入門書がありますし、
哲学書の翻訳もたくさんありますので、死ぬまで人生が充実します。

 

以上、「哲学書を読むと人生が充実するよ」でした!



ところで、コメントは気軽にどうぞ!
ひとつひとつに目をとおし、返信しますので!

「コメントで質問してなにも返ってこなかったらどうしよう」
「ほかの人にみられるのは恥ずかしい」

とかおもわなくて大丈夫です(笑)

「生」を活性化させて、人生を充実させるコミュニティ

・なんのために生きているのかわからない
・やりたいことがない
・なんで、生きてるんだろ
・人生の時間をムダに過ごしている気がする

そんな、無気力におちいっているあなたの人生―生―が能動的になり、「生」が活発化し、人生が充実したら。

人生に対して無気力な原因は、原理原則ベースに「生」の在り方を考えていないことなのです。

ぼくが主催するメルマガ(LINE@)コミュニティでは、原理原則ベースに「生」の在り方を考えるための情報を提供することで、あなたの人生を充実させるお手伝いをします。

ぼくたちと一緒に、無気力な受動的「生」から能動的「生」へと発展させ、より良い人生をもとめていきましょう!

今なら、「生」の在り方を考える第一歩として、「自分」を知るための教科書『「好きなこと/やりたいこと」の見つけ方』を無料でプレゼントしています。

ただし、3万字ほどありますので、気づいたら夜が明けていたなんてことにならないようにお気をつけください(笑)
友だち追加

プロフィールと活動目的

ぼくは、「あること」を始めとして、
人生がどうあろうとも事態を受け入れられる、
強固なマインドを手に入れることができました。

さらに、どうすれば人生を充実させていくことができるのかも分かるようになりました。

おかげで、能動的に人生を生きて人生を充実させていくという、確固たる自信がつきました。

今では、「生」を活発化させて人生を充実させていこうと努力しています。

でも、昔は、自分に対してなにも自信はなく、受動的な人生でした。

すべては親や周囲の言いなりで、クソつまらない人生でした。もう、過去には戻りたくないですね。

では、その「あること」とは一体何なのか。

それは、

原理原則ベースに「生」を複雑化させる

ということです。

はい?なんだそりゃ?

ちょっと説明すると、

・原理原則ベースとは、自分という人間のあり方のことです。

・「生」とは、
人生、生きることの意味、人間的生命、
といった、静的ではない、
動的な生命活動をあらわしています。

・複雑化とは、単純ではない、受動的ではない、スキルとチャレンジの発展をあらわします。

 

原理原則ベースに「生」を複雑化させるために、このブログでは

「考え方」を知る
「生き方」を知る
「自分」を知る
「本」を読む

ための情報発信をしています。

ぼく自身も、本を読みつつこれら3つの情報・知識を高める努力をしています。

「生」を複雑化させることこそが、人生を満足に生きるための最高の方法であるからです。

 

さらなるぼくのプロフィールと、「生」の複雑化についての想いなどの詳細コチラから。

理念とストーリー