キャリアに絶対の正解はない!

自己啓発

結論としては、タイトル通りです。

あなたが唯一無二の進路をもとめようとして苦しんでいるのであれば、安心してください。進路は唯一無二ではないのです。

選んだ道を成功にする覚悟が大切なのです。

 

昨今、自己分析して自分軸をかためてそれにしたがって突き進もう、といった風潮がある。

その火付け役になったのが『メモの魔力』である。

ぼくはこれを読んで自己分析をした。

そして、自己分析して、その軸にピッタリ合うことをすることが人生を歩むことであると思い込んでいた。

というのも、この著者が自己分析をして、必死に努力しているのだ。夢に向かって。

だから、ぼくも自己分析して実現したいことを見つけ出して、それにピッタリ合うように進路を決めなければいけないと思い込んでいた。

ぼくは自己分析をして、大学院はどこの研究室にしようかと考え、研究室をいろいろと見て回っていた。そして、ピッタリな正解はどこなのか、考えていた。

しかし、わからない。もちろん、自己分析はした。

前田社長(注:『メモの魔力』の作者)〜!自己分析したけど、どの研究室も良さそうだし、どこに進めばいいのか分からん。たすけてぇぇ〜!

 

そんなある時、この本を読んだ。

 

すると、ピッタリの正解はないことがわかった。

いくつか引用する。

「私にも覚えがあるのだけれど……。就職活動とは、まるでどこかに1つしかない正解を探 して追い求めることで、それを見つけ損なったら人生が大失敗するような不安がつきまとっ ていないだろうか? 自分に向いた職能や会社、自分の目を開けてくれる上司や同僚、そう いう「運命の出会い」というものがあって、どこかにあるそのたった1つの正解を探さない といけないと思っていないかな?しかし、社会人になるということも、仕事に就くという ことも、そういうことでは全くない。

まさに、ぼくは「運命の出会い」を追い求めて研究室を探していた。この文章を読んで、とても心が救われた。束縛が解かれたような気がしたのだ。

 

不正解をつかんだ原因の大半は、自己分析不足に起因していると私は思う。もちろん相手企業の分析不足や、不誠実な企業が学生を取るために調す場合や、はたまた入社後の配属で 向いていない職能を強制される場合もあるだろう。しかし、自分の特徴とのマッチングにおいて「決定的な不向き」を察知するのに、本当に実際にやってみないとわからないものなの か?その不幸を事前に回避することはできないのか? 私は自己分析さえしっかりとやっておけば、大半の不幸は回避できると考えている。そして本命の企業分析もしっかりやれば、 ほとんどの不幸は回避することができると考えている。

ここで、「じゃあどうやって自己分析すればええねん!?」ということではある。

これについては、また後日ブログにアップします。

ぼくは、この自己分析に関しては、圧倒的にやってきた自信がある。というか、もはや日々自己分析である。

 

要するに、たった1つの大正解、大吉を引こうとするな! という話。大凶や凶を引かなければそれでいいのだ。自分の特徴が強みとして活きる文脈がそれなりにあるのであれば十分、つまりたくさんある小吉や吉を1つ引っ張ってくるだけで十分なのだよ。どれだけ良い 会社の内定をとったつもりでいても、そもそも会社が大吉を約束することは不可能だ。会社 に入るのはほんのスタートに過ぎない。そしてどんな会社に入っても、自分の弱みは多少は露見するし、失敗もするし、ライバルもいれば嫌な人間も必ずいるものだ。そんな中で、君は負けても転んでも起き上がって、へこたれずにひたすら自分の宝物を磨き続けられるか? その覚悟こそが問われている。大吉かどうかを決めるのは会社ではない、入社後の君自身な のだ。

そう、大切なのが、覚悟なのである。

 

Twitterで有名(?)なプロ奢ラレヤー氏も以下のことをツイートしている。


「じゃあ、どうやって覚悟を決めればいいのだ!?」というのが問題になってくるが、これについても後日ブログにアップする。

 

さて僕は、直感で選んだ研究室を目指すことにした。結局、やってみないと、わからないのだ。

もしダメだったら、違うことをやればいいのさ。

 

ということで、唯一無二の人生を生きようとして行き詰まっているならばオススメな一冊です!!