タンパク質の役割とDNAの役割を果たしていたRNA(読書日記2018/04/28)

今回読んだ本は、

  • 純粋理性批判1(光文社古典新訳文庫)
  • 細胞の中の分子生物学(ブルーバックス)

です。

 

『純粋理性批判』のほうは、「一人読書会」のほうで展開していますので、そちらの方をご覧いただけたらな、とおもいます。

 

さて、『細胞の中の分子生物学』です。

昔、RNAは触媒(タンパク質)としての役割も、遺伝情報(DNA)としての役割もあったそうで、そういう昔の時代を「RNAワールド」と呼ぶそうです。

ではなぜ、タンパク質やDNAが生まれたのか。ざっくりと説明します。

 

まず、なぜ触媒効果がタンパク質に移ったのか、についてです。

 

これは、RNAはタンパク質よりも構造が簡単であり、複雑な化学反応を助けることができないから、です。

逆に、タンパク質は構造が複雑にできているため、そのぶん、複雑な化学反応を助けることができるのです。

 

次に、なぜ遺伝情報の保存が、RNAからDNAにうつったのかについて、説明します。

 

これは、

  1. DNAよりも、RNAのほうが不安定だから
  2. DNAの構成”部品”が取れるとRNAの”部品”と区別がつかなくなり、どれがなんの遺伝情報を指しているのか、分からなくなるから。

ということらしいです。

 

 

詳しくは『細胞の中の分子生物学』をお読みください!

この本、分子生物学の教養書の中では今のところダントツにわかりやすくてオススメです!

 

 

では、また次回!



ところで、コメントは気軽にどうぞ!
ひとつひとつに目をとおし、返信しますので!

「コメントで質問してなにも返ってこなかったらどうしよう」
「ほかの人にみられるのは恥ずかしい」

とかおもわなくて大丈夫です(笑)

「生」を活性化させて、人生を充実させるコミュニティ

・なんのために生きているのかわからない
・やりたいことがない
・なんで、生きてるんだろ
・人生の時間をムダに過ごしている気がする

そんな、無気力におちいっているあなたの人生―生―が能動的になり、「生」が活発化し、人生が充実したら。

人生に対して無気力な原因は、原理原則ベースに「生」の在り方を考えていないことなのです。

ぼくが主催するメルマガ(LINE@)コミュニティでは、原理原則ベースに「生」の在り方を考えるための情報を提供することで、あなたの人生を充実させるお手伝いをします。

ぼくたちと一緒に、無気力な受動的「生」から能動的「生」へと発展させ、より良い人生をもとめていきましょう!

今なら、「生」の在り方を考える第一歩として、「自分」を知るための教科書『「好きなこと/やりたいこと」の見つけ方』を無料でプレゼントしています。

ただし、3万字ほどありますので、気づいたら夜が明けていたなんてことにならないようにお気をつけください(笑)
友だち追加

プロフィールと活動目的

ぼくは、「あること」を始めとして、
人生がどうあろうとも事態を受け入れられる、
強固なマインドを手に入れることができました。

さらに、どうすれば人生を充実させていくことができるのかも分かるようになりました。

おかげで、能動的に人生を生きて人生を充実させていくという、確固たる自信がつきました。

今では、「生」を活発化させて人生を充実させていこうと努力しています。

でも、昔は、自分に対してなにも自信はなく、受動的な人生でした。

すべては親や周囲の言いなりで、クソつまらない人生でした。もう、過去には戻りたくないですね。

では、その「あること」とは一体何なのか。

それは、

原理原則ベースに「生」を複雑化させる

ということです。

はい?なんだそりゃ?

ちょっと説明すると、

・原理原則ベースとは、自分という人間のあり方のことです。

・「生」とは、
人生、生きることの意味、人間的生命、
といった、静的ではない、
動的な生命活動をあらわしています。

・複雑化とは、単純ではない、受動的ではない、スキルとチャレンジの発展をあらわします。

 

原理原則ベースに「生」を複雑化させるために、このブログでは

「考え方」を知る
「生き方」を知る
「自分」を知る
「本」を読む

ための情報発信をしています。

ぼく自身も、本を読みつつこれら3つの情報・知識を高める努力をしています。

「生」を複雑化させることこそが、人生を満足に生きるための最高の方法であるからです。

 

さらなるぼくのプロフィールと、「生」の複雑化についての想いなどの詳細コチラから。

理念とストーリー