人生の決め方

「ピュシス」と「ノモス」、「因果性」と「志向性」、「である」と「べき」

今回読んだ本;『英米哲学入門』


今回読んで、分かったところや考えたところを挙げます。

まず、「ピュシス」と「ノモス」についてです。「は?なにそれ?言葉なの?」とあなたは思うかもしれませんが、違います(笑)。これは、ギリシア語だそうだ。

 

「ピュシス」→自然的現象

「ノモス」→人為的制度

 

これらは、基本的な世界理解をするための区別。僕は、「天災」と「人災」の区別のようなものだろう。

つぎに、「ピュシス」と「ノモス」の類比として、「因果性」と「志向性」という言葉が挙げられていた。この著書にあった説明を僕なりに解釈すると、

 

「因果性」→ある行動と、その行動の原因となった事象との関係性のこと。

「志向性」→ある行動と、その行動によって引き起こされた事象との関係性のこと。

 

もっと言えば、「因果性」は自然界の法則性のようなもので、「志向性」は人間の意図したことによる法則性、といった感じだろう。

以上のように考えていくと、「である」と「べき」も、同様に考えられるであろう。

 

「である」→事実。

「べき」→規範。人間が制定したもの。

 

たしかに、「法律を守るの〈である〉」よりも「法律を守る〈べき〉だ」のほうが、しっくりくる。

 

とりあえず、今回はここまでにしておこう。本当は、図を用いて説明したかった…!!ということで、後日、図を載せるかもしれない。

 

では、また次回!



無料LINE@講座、始動!!


こんなふに感じたこと、ありませんか?


「親の言うことを聞きたくない。かと言って、自分でどう動けばいいのか分からない」
「パートナーといるのがイヤ。だから、逃げたい」
「ボーッとアマゾンプライムビデオやYouTubeを見る日々だけど、これで人生いいのだろうか」


そんなあなたにピッタリの講座をはじめました!

この講座では、
・ブログでは語らない、独力で幸せになるための詳細な方法論
・超長文な特典(近日中に公開予定)

を配布します!

さらに今だけ、なんど聞いても無料の質問権もついてきます。
このブログのことでもLINE@のコンテンツでも、なんでもどうぞ!


いっしょに高めあえる仲間とまなんでいきましょー

3秒でLINEに登録ろくする

※プライバシーは安全に保たれておりますので、ご安心ください。


「ところで、アンタそもそも誰なの?」という疑問につきましては、 コチラの自己紹介記事をクリックしてよんでいただけるとうれしいです!

プロフィールを見にいく


---------------------------
【P.S.】

ところでぼくは、高校生のときまで常に自信がなく、誰かにしたがわないと生きていけませんでした。

ただ、誰かの命令に従うことは苦痛でした。 ストレスでしょっちゅう口内炎ができてた。

こんな人生やだ。
じぶんの力で生きたい。
独力で生きる自信がほしい。

大学生になって本を読みまくってマインドを育てまくった。 さらに、じっさいに行動もした。 だれかに頼らず。

その結果、「自分の力でなんとでも生きていける」という自信を持ちはじめ、

・ストレスフリー
・人生無敵

な感覚を手にすることができました。

もちろん、これからも誰にも自分の人生を邪魔させないよう、圧倒的な独立心を高めていきます。

  • どのようなマインドが人生において苦痛になるのか。
  • 逆に、どのようにして自由になることができるのか
  • どのようにすれば幸せな人生になるのか?

そんなヒントが得られるぼくのストーリーはコチラから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です