逆張りをせよ。(読書日記2018/04/16)

今回読んだ本は、

  • 投資で一番大切な20の教え(日本経済新聞出版社)
  • 幸福について(光文社古典新訳文庫)
  • 英米哲学入門(ちくま新書)

を読みました。

なお、今回からは、哲学や心理学、自然科学といったいわゆる「教養系」の本は、ざっと触れるだけにします。そして、「一人読書会」というカテゴリーをつくって、読んだところを自分なりに考えて、ブログに書いていこうと思います。

さて、『投資で一番大切な20の教え』です。

この本は、投資家向けの本ですが、投資家以外の人にもとってもためになります。

2018年に読んだ本の中で、まちがいなくトップ10に入るくらいのオススメ本です。

ということで、どこかでちゃんとした書評を書きたいと思っています。

 

さて、今回読んだ内容をざっと説明すると、

  • 群集から距離を取り、正しく洞察し、群集とは違う行動をせよ。
  • 単に群集とは正反対の行動をすればいいのではなく、群集がおこなっている間違いを理解したうえで逆張りな行動をしなければならない。そうすることで、信念を貫ける。
  • 群集の言動を懐疑的に見よ。
  • 誰もが気に入っているものを買うな。誰もが過小評価しているものを買え。

という感じです。(11章)

 

 

『幸福について』は、解説を読みました。ショーペンハウアーは、ヘーゲルの人気にとても嫉妬していたとのこと。また、ショーペンハウアーは、恋が苦悩のもとである、という考えをしていたそうです。

『英米哲学入門』は、「ピュシス」と「ノモス」、「因果性」と「志向性」、「である」と「べき」かそれぞれ類比されて論じられていました。

 

では、また次回!

 



ところで、コメントは気軽にどうぞ!
ひとつひとつに目をとおし、返信しますので!

「コメントで質問してなにも返ってこなかったらどうしよう」
「ほかの人にみられるのは恥ずかしい」

とかおもわなくて大丈夫です(笑)

「生」を活性化させて、人生を充実させるコミュニティ

・なんのために生きているのかわからない
・やりたいことがない
・なんで、生きてるんだろ
・人生の時間をムダに過ごしている気がする

そんな、無気力におちいっているあなたの人生―生―が能動的になり、「生」が活発化し、人生が充実したら。

人生に対して無気力な原因は、原理原則ベースに「生」の在り方を考えていないことなのです。

ぼくが主催するメルマガ(LINE@)コミュニティでは、原理原則ベースに「生」の在り方を考えるための情報を提供することで、あなたの人生を充実させるお手伝いをします。

ぼくたちと一緒に、無気力な受動的「生」から能動的「生」へと発展させ、より良い人生をもとめていきましょう!

今なら、「生」の在り方を考える第一歩として、「自分」を知るための教科書『「好きなこと/やりたいこと」の見つけ方』を無料でプレゼントしています。

ただし、3万字ほどありますので、気づいたら夜が明けていたなんてことにならないようにお気をつけください(笑)
友だち追加

プロフィールと活動目的

ぼくは、「あること」を始めとして、人生がどうあろうとも事態を受け入れられる、強固なマインドを手に入れることができました。

おかげで、能動的に人生を生きて人生を充実させていくという、確固たる自信がつきました。

今では、「生」を活発化させて人生を充実させていこうと努力しています。

でも、昔は、自分に対してなにも自信はなく、受動的な人生でした。

すべては親や周囲の言いなりで、クソつまらない人生でした。もう、過去には戻りたくないですね。

では、その「あること」とは一体何なのか。

それは、

原理原則ベースに「生」の在り方を考える

ということです。

ここでの「生」とは、

人生、生きることの意味、人間的生命、

といった、静的ではない、動的な生命活動をあらわしています。

 

原理原則ベースに「生」の在り方を考えるために、このブログでは

「考え方」を知る
「生き方」を知る
「自分」を知る

ための情報発信をしています。

ぼく自身も、これら3つの情報・知識を高める努力をしています。

また、これらの3つの「知る」を達成するために、読書がかなり重要であることを実感しています。

よって、合わせて

本」を読む

についての情報も発信しています。

あなたがこれらの情報を手にすることで、あなたの「生」は創発され、能動的「生」になります。

さらに、あなたの「生」は、活性化する。

そして、より良い人生。

ぼくのプロフィールと、「生」の在り方についての想いなど、詳細コチラから。

理念とストーリー