人生をより良く生きるための大前提―「個人」という自覚

「生き方」を知る

危険です。なにもしていないのに「なんとかなる」のままでは無気力になります。

自分で行動をおこす前提で「なんとかなる」とかまえておけば、
人生は充実したものになります。

ちなみに、「なんとかなる」という根拠なき自信について書かれた良い本があります。
それはコチラで紹介しています。(準備中)

『なぜ、一流になる人は「根拠なき自信」を持っているのか?』レビュー

「なんとかなる」には2種類あって、

1.誰かにかまってもらえるでしょ(だから、なんとかなる)
2.あがいてもがけば道はひらく!(だから、なんとかなる)

です。

このうち、「誰かにかまってもらえるでしょ」精神は危ない。
というのも、受動的な生き方になっているからです。

受動的な生き方になるとなぜ危ないのかについては、
以下の記事も読んでいただくと分かります。

また、そもそも「誰か」にひろってもらえない可能性もあるわけです。

そんな「誰か」ありきの「なんとかなる」人生は運ゲーです。
どうなるのか分かりません。

それ、こわくないですか?
というのも、暗闇の中を歩くようなものだからです。

さらに、期待している「誰か」がいなくなったら、
どうするというのでしょうか?
親とか。

そういえば、SMAPが解散したときのニュース番組で、
40代くらいの女性SMAPファンが泣き崩れていました。
「これからどう生きていけばいいのよ」って。

 

誰かに依存するとろくなことがない。

 

と言いつつ、ぼくも昔は「誰か」ありきの人生でした。
親ありきの人生です。

そのため、習い事を「イヤだ」とおもっていても、やらされていました。

水泳、くもん、サッカー。
どれもイヤでした。自分の本心から望んだことではなかったので。

でも、親の言うとおりにしなければ、どうなるのか分からない。
おもいっきり親に自分の人生をにぎられていて、苦痛でした。

 

苦痛だと感じても、やめようと思えることができない。
親にしたがわなければ、生きていけないと思いこんでいたから。

 

「誰か」ありきのせいで、人生が苦痛になってしまう。人生、灰色だ。

 

 

一方、「自分」ありきの人生について。

「自分」あっての人生だと能動的な人生になります。

というのも、人間の本質がそもそもなにかと関わって生きることであるからです。

 

たとえば、木材をつかって家をつくるとします。
そうなってくると、

・くぎ
・ハンマー
・のこぎり
・やすり

などなどが必要になってきます。

このように、なにか目的あって、目的を達成するための手段として
必然的に物はつかわれることになる。

今の場合だと、家をつくる目的があって、くぎやハンマーといった物がつかわれます。

そして、目的はすべて、「自分」のためにあります。
家をつくるのも、自分が住むためです。

「自分」あっての人生は、なにをかの物や人と必然的に関わっていくことになります。
すなわちこれは、能動的な人生になることを意味します。

 

そして、能動的な人生だと、生き生きとします。

なぜかというと、生命の本質が動的であるからです。

カラスや猫・犬といった動物、さらには桜やヒマワリ・タンポポといった
植物にいたるすべての生命は、時間がすすんでも同じってことはないですよね?

犬がずっと凍死したようにその場に居続けますか?
もしずっとその場にいるような静的なのであれば、それは死んでいるはずです。

 

静的ならば、もはや生命ではないですね。

 

タンポポはずっと花を咲かせた状態ですか?
わた毛になって、タネをとばしますよね?

永遠不変ではなく、ある状態へと変化すること。
これはつまり、生命は動的であることを表します。

また、能動的な生き方は事実として、生きる気力のもとになるのです。
これは、実験でしめされています。

マウスの実験で、選択肢があるほうが、
選択肢がないよりも生きようとする動きをみせたとのことで。

 

つまり、能動的に、主体的になれている状態こそが、
生きる活力をぼくたちを含めた生命にあたえるのです。

 

「自分」あっての人生であると、完全なる運ゲーではなくなります。
自分から動いて世界の事物を変化させることになるからです。

また、SMAPファンのように「誰か」がいなくなっても、
自分が自分としてあるので、なにか痛みや不安をともなうことはないのです。

真に人生を安定させてより良く生きるのであれば、
「自分」あっての人生を前提としたほうが良いことが分かります。

ぼくの場合、親あっての自分でなく、
自分として道を切りひらくという精神的な覚悟を決めたことでとても心がかるくなり、
「なにをどうしても生きてやる」
という生への活力がわいてきました。

ちなみに、どうやって覚悟を決めたかというと、それは「本」です。
本を読むことで精神がつよくなり、

「なんとしても生きてやる」
「なにがあっても生きていられるぞ」

と強くおもえるようになりました。

とっても生きやすく感じるようになりました。

ぼくの人生に対する強い心をつくった本は、以下の記事から読めます。(準備中)
(【生きる活力】ぼくに影響を与えた4人の偉人たち)



ところで、コメントは気軽にどうぞ!
ひとつひとつに目をとおし、返信しますので!

「コメントで質問してなにも返ってこなかったらどうしよう」
「ほかの人にみられるのは恥ずかしい」

とかおもわなくて大丈夫です(笑)

「生」を活性化させて、人生を充実させるコミュニティ

・なんのために生きているのかわからない
・やりたいことがない
・なんで、生きてるんだろ
・人生の時間をムダに過ごしている気がする

そんな、無気力におちいっているあなたの人生―生―が能動的になり、「生」が活発化し、人生が充実したら。

人生に対して無気力な原因は、原理原則ベースに「生」の在り方を考えていないことなのです。

ぼくが主催するメルマガ(LINE@)コミュニティでは、原理原則ベースに「生」の在り方を考えるための情報を提供することで、あなたの人生を充実させるお手伝いをします。

ぼくたちと一緒に、無気力な受動的「生」から能動的「生」へと発展させ、より良い人生をもとめていきましょう!

今なら、「生」の在り方を考える第一歩として、「自分」を知るための教科書『「好きなこと/やりたいこと」の見つけ方』を無料でプレゼントしています。

ただし、3万字ほどありますので、気づいたら夜が明けていたなんてことにならないようにお気をつけください(笑)
友だち追加

プロフィールと活動目的

ぼくは、「あること」を始めとして、
人生がどうあろうとも事態を受け入れられる、
強固なマインドを手に入れることができました。

さらに、どうすれば人生を充実させていくことができるのかも分かるようになりました。

おかげで、能動的に人生を生きて人生を充実させていくという、確固たる自信がつきました。

今では、「生」を活発化させて人生を充実させていこうと努力しています。

でも、昔は、自分に対してなにも自信はなく、受動的な人生でした。

すべては親や周囲の言いなりで、クソつまらない人生でした。もう、過去には戻りたくないですね。

では、その「あること」とは一体何なのか。

それは、

原理原則ベースに「生」を複雑化させる

ということです。

はい?なんだそりゃ?

ちょっと説明すると、

・原理原則ベースとは、自分という人間のあり方のことです。

・「生」とは、
人生、生きることの意味、人間的生命、
といった、静的ではない、
動的な生命活動をあらわしています。

・複雑化とは、単純ではない、受動的ではない、スキルとチャレンジの発展をあらわします。

 

原理原則ベースに「生」を複雑化させるために、このブログでは

「考え方」を知る
「生き方」を知る
「自分」を知る
「本」を読む

ための情報発信をしています。

ぼく自身も、本を読みつつこれら3つの情報・知識を高める努力をしています。

「生」を複雑化させることこそが、人生を満足に生きるための最高の方法であるからです。

 

さらなるぼくのプロフィールと、「生」の複雑化についての想いなどの詳細コチラから。

理念とストーリー