書評『今日が人生最後の日だと思って生きなさい』(読書日記2018/04/04)

今日読んだ本は、以下の本です。

  • 今日が人生最後の日だと思って生きなさい(アスコム)

 

今日は一冊ですね、読んだのは。しかも、なんか重そうな書名です(笑)。

では、さっそく。

 

『今日が人生最後の日だと思って生きなさい』

著者は今までに2800人以上の方々を看取ってきたようで、そういった経験から考えたことが、この本にギュッと凝縮して書かれています。どのページも、死に対面するそれぞれの人たちの具体例もあって、いやでも自分の「死」というものを考えさせられてしまいます。少なくとも、僕は考えましたね。

読んでいて「良い!」と思ったものを抜粋してみます。

p.46

「自分な不自由だ」「少しも思うように生きられていない」「やりたい事が全然できていない」という思いにとらわれてしまった時は、一度、立ち止まって考えてみましょう。自分は一体何に縛られているのか。本当は自分自身でやらないことを選択しているのではないか。今のままの人生では本当にいけないのか。

人には本来、選ぶことができる自由が与えられていること、自分が常に、色々なことを選びながら生きていることに気づけば、人生の見え方が、少しだけ変わってくるのではないかと、私は思います。もしかしたらそこから、新たなことに挑戦し、人生や生活を変える覚悟や、あるいは今の自分の人生を肯定する感情が生まれてくるかもしれません。

これらの文章が、今回読んでいて一番「うん、そうだ!」と激しく同意した文章です。多くの人間は「しょうがないでしょ」で諦めているように、僕は思います。この文章を読んで、挑戦を恐れずに、やりたいことを素直にやっていただきたいと願っています。ちなみに、p.26には、

やらずに後悔して、この世を去ることが一番辛い

今の自分が絶対ではない。間違ってもいい。しかし、何もしなかった後悔は癒やされない

とあります。「今日死ぬとして、やらなかったら絶対に後悔することはなにか」を意識すれば、いざ死ぬときになって、後悔を最小限に食い止めることができるのではないでしょうか?

 

では、また次回!



ところで、コメントは気軽にどうぞ!
ひとつひとつに目をとおし、返信しますので!

「コメントで質問してなにも返ってこなかったらどうしよう」
「ほかの人にみられるのは恥ずかしい」

とかおもわなくて大丈夫です(笑)

プロフィールと活動目的

こんにちは、ノリウです。

ぼくは、「あること」を始めとして、人生がどうあろうとも事態を受け入れられる、強固なマインドを手に入れることができました。

おかげで、能動的に人生を生きて人生を充実させていくという、確固たる自信がつきました。

今では、「生」を活発化させて人生を充実させていこうと努力しています。

でも、昔は、自分に対してなにも自信はなく、受動的な人生でした。

すべては親や周囲の言いなりで、クソつまらない人生でした。もう、過去には戻りたくないですね。

では、その「あること」とは一体何なのか。

それは、

原理原則ベースに「生」の在り方を考える

ということです。

ここでの「生」とは、

人生、生きることの意味、人間的生命、

といった、静的ではない、動的な生命活動をあらわしています。

 

原理原則ベースに「生」の在り方を考えるために、このブログでは

「考え方」を知る
「生き方」を知る
「自分」を知る

ための情報発信をしています。

ぼく自身も、これら3つの情報・知識を高める努力をしています。

また、これらの3つの「知る」を達成するために、読書がかなり重要であることを実感しています。

よって、合わせて

本」を読む

についての情報も発信しています。

あなたがこれらの情報を手にすることで、あなたの「生」は創発され、能動的「生」になります。

さらに、あなたの「生」は、活性化する。

そして、より良い人生。

ぼくのプロフィールと、「生」の在り方についての想いなど、詳細コチラから。

理念とストーリー

「生」を活性化させて、人生を充実させるコミュニティ

・なんのために生きているのかわからない
・やりたいことがない
・なんで、生きてるんだろ
・人生の時間をムダに過ごしている気がする

そんな、無気力におちいっているあなたの「生」が能動的になり、「生」が活発化し、人生が充実したら。

人生に対して無気力な原因は、原理原則ベースに「生」の在り方を考えていないことなのです。

ぼくが主催するメルマガ(LINE@)コミュニティでは、原理原則ベースに「生」の在り方を考えるための情報を提供することで、あなたの人生を充実させるお手伝いをします。

ぼくたちと一緒に、無気力な受動的「生」から能動的「生」へと発展させ、より良い人生をもとめていきましょう!

今なら、「生」の在り方を考える第一歩として、「自分」を知るための教科書『「好きなこと/やりたいこと」の見つけ方』を無料でプレゼントしています。

ただし、3万字ほどありますので、気づいたら夜が明けていたなんてことにならないようにお気をつけください(笑)
友だち追加