オンラインでのハッカソンに出て分かった4つのこと

意見

「TechAcademyで学んだことを生かしてなにかしたい!!」という思いが強かったので、オンラインでも参加できるハッカソンに参加してみました!

 

 

結論から言いうと撃沈でしたが、とても学びがあったのも事実です。
本記事では、あなたが「ハッカソンとはどういうふうに進むのか?」やという疑問をもつのであればとても参考になります!

では、まいりましょう。

なお、やりとりはすべてSlackのチャットで行い、「今後どう進めるか?」を話し合うときはLINEグループにて通話を行いました。

 

ハッカソンの流れについて

 

まず、自己紹介から始まりました。

 

 

つぎに、アイデア出しへと進みます。

 

これは30分くらいかけて行いました。

さらに煮詰めてようやくアイデアができました。

その後、アイデアをもとに、どのような流れにするかについての考察。同時に、今回はWatsonAPIをつかうことになっていたので、それについてのリファレンスを読み漁ることになりました。

 

つぎに、いよいよ開発にとりかかりました。

ここまででおよそ5時間が経ちました。

ぼくは、Twitterのスクリーンネーム(@の後ろのやつ)をLINEメッセージとして受けとってからTwitterAPIでその人のツイートを取得するところをやりました。

ここで、TwitterAPIを使うにはデベロッパーとて登録せねばならず、そこがややこしかった…。

 

「TwitterAPIを何に使うのか?」を英語で入力せねばならず、手こずりました。が、なんとか取得。

つぎに、TwitterAPIを使えるようにコードを書いていきました。

ここで、一度もTwitterAPIをつかったことがなかったので、かなり時間を使いました。

そのうえ、コードをつくったはいいものの、あとからチーム全体で合体させるときに不都合が生じてしまったために僕よりもベテランの方にコードを変えられてしまいました・・・。自分の無能さに気づきましたね。

 

さて、なんやかんやで全体としてのコードはチーム全体で出来上がったものの、うまく機能してくれませんでした。。。無念!!

 

ハッカソンで学んだこと4つ

 

1. 開発までには意外と時間がかかる

→アイデア出しをするため、意外とすんなりと開発に取りかかりはできません。

 

2.開発の時間がない!!

→今回、ぼくは初めてのことだらけであったため、リファレンスを大量に読まなければならず、あまり開発をしたという感じではありませんでした。

あなたが初めてハッカソンに出ようと考えているならば、そして、そこで開発をガッツリやってみたいと思うのであれば、この点は注意が必要です。ハッカソンの条件によって初めてのことが続出するので、開発時間よりもリファレンスを読む時間のほうが多くなる可能性があります。

 

3.己の実力不足がわかる

→ベテランの方はやっぱり違うなー、と痛感しました。ちなみに、ベテランの方に後で全体のコードに対してどうなっているかの文を書いていただき、あとで勉強できるようにしていただきました!

もはや、これだけでハッカソンに出た価値があるんじゃないかと思っているくらいです。

 

4.オンラインだと波長を合わせにくい

→今回、僕はオンライン参加であったため、自分が開発しているときに相手が何をやっているのか知ることが難しかったです。そのため、「どうしたらいいんだろうか?」や「今やっていることは大丈夫なのだろうか?」と不安になることが多々ありました。

 

以上、オンラインでのハッカソンに参加する際、なにか参考になれば幸いです!!

 

なにか聞きたいことがございましたら、気軽に「お問い合わせ」からでもフェイスブックページからでも聞いていただければお答えします!!



ところで、コメントは気軽にどうぞ!
ひとつひとつに目をとおし、返信しますので!

「コメントで質問してなにも返ってこなかったらどうしよう」
「ほかの人にみられるのは恥ずかしい」

とかおもわなくて大丈夫です(笑)

「生」を活性化させて、人生を充実させるコミュニティ

・なんのために生きているのかわからない
・やりたいことがない
・なんで、生きてるんだろ
・人生の時間をムダに過ごしている気がする

そんな、無気力におちいっているあなたの人生―生―が能動的になり、「生」が活発化し、人生が充実したら。

人生に対して無気力な原因は、原理原則ベースに「生」の在り方を考えていないことなのです。

ぼくが主催するメルマガ(LINE@)コミュニティでは、原理原則ベースに「生」の在り方を考えるための情報を提供することで、あなたの人生を充実させるお手伝いをします。

ぼくたちと一緒に、無気力な受動的「生」から能動的「生」へと発展させ、より良い人生をもとめていきましょう!

今なら、「生」の在り方を考える第一歩として、「自分」を知るための教科書『「好きなこと/やりたいこと」の見つけ方』を無料でプレゼントしています。

ただし、3万字ほどありますので、気づいたら夜が明けていたなんてことにならないようにお気をつけください(笑)
友だち追加

プロフィールと活動目的

ぼくは、「あること」を始めとして、人生がどうあろうとも事態を受け入れられる、強固なマインドを手に入れることができました。

おかげで、能動的に人生を生きて人生を充実させていくという、確固たる自信がつきました。

今では、「生」を活発化させて人生を充実させていこうと努力しています。

でも、昔は、自分に対してなにも自信はなく、受動的な人生でした。

すべては親や周囲の言いなりで、クソつまらない人生でした。もう、過去には戻りたくないですね。

では、その「あること」とは一体何なのか。

それは、

原理原則ベースに「生」の在り方を考える

ということです。

ここでの「生」とは、

人生、生きることの意味、人間的生命、

といった、静的ではない、動的な生命活動をあらわしています。

 

原理原則ベースに「生」の在り方を考えるために、このブログでは

「考え方」を知る
「生き方」を知る
「自分」を知る

ための情報発信をしています。

ぼく自身も、これら3つの情報・知識を高める努力をしています。

また、これらの3つの「知る」を達成するために、読書がかなり重要であることを実感しています。

よって、合わせて

本」を読む

についての情報も発信しています。

あなたがこれらの情報を手にすることで、あなたの「生」は創発され、能動的「生」になります。

さらに、あなたの「生」は、活性化する。

そして、より良い人生。

ぼくのプロフィールと、「生」の在り方についての想いなど、詳細コチラから。

理念とストーリー