偶数と奇数に分けて、それぞれを足し合わせる(Fortran90/Fortran95)

プログラミング

 

こうすると、

a.exe
25
30

と出力できる。

 

i, jの、doループ時の最初の変数をそれぞれ1, 2とし、10までそれぞれを2ずつ増やすようにストライドを指定することで、iは常に偶数、jは常に奇数であるようにした。
あとはそれぞれの結果をwa_i、wa_jとして出力した。