推論とは?推論が正しいとは?

論理学

推論とは?

 

推論とは、いったいなんのことでしょう?

 

たとえば、「道路の真ん中で、おばさんが寝転んでいる!」と、あなたの隣りにいた人が言ったとしましょう。

 

すると、あなたは「ああ、女性が道路の真ん中で横たわっているんだな」と思うかもしれません。

 

これが、推論です。

 

どういうことか、この例を用いてもう少しくわしく説明します。

 

「おばさん」と聞いたとき、それは間違いなく「女性」であります。というのも、「おばさん」という意味そのものに、「女性」という意味はふくまれているからです。

事実、「おばさん」は男子トイレではなく、女子トイレにはいります。

 

そう、推論とは、ある言葉や文の〈意味〉から、あきらかに分かることを導くこと、ということです。

 

論理学的にいうと、以下のようなことらしいです。野矢茂樹『入門!論理学』(中公新書)から引用してみます。

論理学が扱うのはまさに演繹的推論です。つまり、前提が正しいなら必ず結論も正しくなる、そういう推論です。

 

「推論が正しい」とは?

 

「推論が正しい」というのは、まさに、”前提が正しいなら必ず結論も正しくなる”ということです。

 

では、推論が間違っているとは、どういうことか。

 

前提が正しいのにもかかわらず、間違った結論が導かれうる

 

このとき、「推論が間違っている」と言えます。

ひとつ例を出してみます。

 

  • レッサーパンダが人間ならばレッサーパンダは直立できる
  • レッサーパンダは人間ではない
  • それゆえ、レッサーパンダは直立できない

 

むかし、直立することで有名なレッサーパンダがいました。よく、ニュースになっていました。

ということで、レッサーパンダでも、直立できるやつもいるので、上記の推論は誤りということです。

 

なお、一つ注意として、〈実際に〉前提が間違っているからといって、推論が間違いということではないということです。

さきほどにも述べた”前提が正しいなら必ず結論も正しくなる”の「正しい」とは、じつは、「正しいと〈仮定〉すると」ということなのです。

 

例を出しましょう。

  • 機械は人間と会話できない
  • 犬は機械である。
  • それゆえ犬は人間と会話できない

「とんでもない!犬が機械だなんて」と、あなたは思うでしょう。

そうです、〈実際は〉犬は機械ではなく、動物です。

でもこれ、推論としては正しいのです。前提が正しいと仮定して結論が正しく出るのであれば、それは正しい推論なのです。

まとめ

 

「よくわからないなあ」とおもったら、とりあえず、

推論とは、ある文や単語から必然的に予想することができることがら

と思っておけば大丈夫です!