毎日の更新を終わります。(読書日記2018/05/05)

読書日記

 

今回は読書日記ではなく、単に、毎日書いてきた読書日記を終える、というお知らせです。

 

なぜか。

 

ぼくは、単に本の内容をインプットしてそのままアウトプットしたいのではなく、自分の腑に落とすところまで持っていきたいのです。

そして、それこそが、自分の喜びであり、幸せであるのです。

インプットし、考え、理解し、アウトプットする。

これこそが、自分にとっての幸せなのです。

 

いままで書いてきたことは、主に毎回読んだことをそのままアウトプットしていただけで、ハッキリ言って面白くなかったです。

しかも、毎回読んだ範囲が狭いので、自分が理解できる範囲も限られ、面白みにかけていました。

 

よって、「読書日記」はおしまいです。

 

最近、「なんか書いていてつまらないな」と思って見直してみたら、そう結論づけることとなりました。

 

といいつつ、また読書日記を復活させるかもしれませんが(笑)

 

では、またどこかで!