幸せは、自己的活動に宿る(読書日記2018/04/21)

今回読んだ本は、

  • 幸福について(光文社古典新訳)

です。

今回読んだ箇所をひと言で表すと、

「自分の資質を行使し、知的活動を行うとき、最高の幸せとなる」

です。

ショーペンハウアーはアリストテレスの説;

「人間の幸福は、自分の際だった能力を自由自在に発揮することにある」

を引用しています。

こう考えると、「ストレングスファインダー」といった自分の資質を発掘するようなツールは、やってみたほうがいいと言えますね。

 

では、また次回!