幸せを外部に求めるな!(読書日記2018/04/19)

今回読んだ本は、

  • 英米哲学入門(ちくま新書)
  • 幸福について(光文社古典新訳文庫)

です。

『英米哲学入門』で今回読んだ箇所をひと言で表すと、

「「よい」という言葉には、暗黙に「べき」を含んでいる」

です。僕は納得できないですけどね。まあ、細かいところは、一人読書会でやりますかね。

 

『幸福について』で今回読んだ箇所をひと言で表すと、

「外部からの事物を必要としない者が、一番幸せである」

です。外部に幸せを求めると、費用がかさんで破綻するから、とのこと。たしかに、ディズニーに幸せがある人は、お金がかかりそうですね(年間パスポート使えばどうにかなるのかもしれませんが(笑)。)

 

では、また次回!