「ピュシス」と「ノモス」、「因果性」と「志向性」、「である」と「べき」

今回読んだ本;『英米哲学入門』


今回読んで、分かったところや考えたところを挙げます。

まず、「ピュシス」と「ノモス」についてです。「は?なにそれ?言葉なの?」とあなたは思うかもしれませんが、違います(笑)。これは、ギリシア語だそうだ。

 

「ピュシス」→自然的現象

「ノモス」→人為的制度

 

これらは、基本的な世界理解をするための区別。僕は、「天災」と「人災」の区別のようなものだろう。

つぎに、「ピュシス」と「ノモス」の類比として、「因果性」と「志向性」という言葉が挙げられていた。この著書にあった説明を僕なりに解釈すると、

 

「因果性」→ある行動と、その行動の原因となった事象との関係性のこと。

「志向性」→ある行動と、その行動によって引き起こされた事象との関係性のこと。

 

もっと言えば、「因果性」は自然界の法則性のようなもので、「志向性」は人間の意図したことによる法則性、といった感じだろう。

以上のように考えていくと、「である」と「べき」も、同様に考えられるであろう。

 

「である」→事実。

「べき」→規範。人間が制定したもの。

 

たしかに、「法律を守るの〈である〉」よりも「法律を守る〈べき〉だ」のほうが、しっくりくる。

 

とりあえず、今回はここまでにしておこう。本当は、図を用いて説明したかった…!!ということで、後日、図を載せるかもしれない。

 

では、また次回!