買いもので後悔しない方法【買い物とは、己との戦いであり、覚悟の問題である。】

思考

「その商品を買う」ということは、その商品の値段と同じか、その商品の値段上回る価値を自分が見出した、あるいは見出そうとする行為である。

テキトーに商品を買い、そして自分の見込む価値を下回って見出してしまった場合、後悔することになり、それは、その商品と関わっただけ自分の人生をむだにすることになる。

それは、いい生き方とは言えない。

もちろん、それだと未知なる商品に手を出さないことが安全と言えるが、それもまた、自分の人生を充実させえないという点においてもったいない生き方と言える。

 

では、どうすればいいのか。

「自分はこの商品からなにかを見出そうと努力するし、仮にこの商品からなにか得られなくても、この商品によって自分の経験数を増やしたという点において、だれよりも素晴らしい人生を歩んだことにするのだ」と、覚悟を決めるのだ。

こうすることで、買って商品の価値を見出しても見出さなくても満足の行く人生を迎えられる。