FizzBuzzプログラムをつくる

Ruby

ルール説明

3の倍数→Fizz
5の倍数→Buzz
15の倍数→Fizz Buzz
という文字列を出力することにする。

 

FizzBuzzプログラムをつくる

Image from Gyazo Image from Gyazo

ためしに、fizz_buzzメソッドを定義し、引数を文字列に変換する処理を書いた。

 

Image from Gyazo Image from Gyazo

if文を追加。引数を3で割ったとき、余りが0(つまり3の倍数)のときに文字列”Fizz”が出力されるようにした。

 

Image from Gyazo

ここで、15の倍数を「3の倍数かつ5の倍数」として条件分岐に加えたが、3の倍数として認識されてしまった。これは、15の倍数とはつまり3の倍数でもあるため、一番最初の条件分岐でtrueとなってしまったためだ。よって、15の倍数のときの処理を一番上に持っていく。

 

Image from Gyazo Image from Gyazo

 

これで正常に表示された。

 

今回使用した本