「文字の区切り」と「リテラル」について(Ruby)

Ruby

さっそく、コマンドプロンプトからirbに入って確認する。

 

「文字の区切り」について

 

10進数から16進数への変更

Image from Gyazo
Image from Gyazo

この場合、まだカッコが閉じられていないので、改行しても文が続くと判断され、irbでは待ちの状態である。
Image from Gyazo

バックスラッシュで区切ると改行を表す。ただし、なにもしなければその都度入力した場合と同じになる。

 

「リテラル」について

リテラルとは、ソースコードに埋め込むことが出来る値のことである。

 

Image from Gyazo

 

上から順に、数値・文字列・配列・ハッシュとなっており、正常にコードとして認識されることが分かる。つまり、それらはリテラルである。

 

そして、数字以外の値をクォーテーションで囲まなかったり、Rubyが認識できるリテラル以外だと、このようにエラーが出る。

Image from Gyazo

 

今回使用した本